知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「 白菜 」 一覧

白菜の特徴

白菜はアブラナ科の野菜で、一般的に冷涼な気候を好む耐寒力の強い越年性1年草本です。 原産は中国北部で、東洋の代表的な野菜のひとつです。 日本での栽培は、日清・日露戦争に出兵した兵士が中国から日本に種を ...

白菜の種類

原産地の中国にはたくさんの種類があり、大きくは山東系、北方系、南方形に分けられます。 一般的に多く出回っているものは山東系を品種改良したものです。 また、結球、半結球、不結球の3タイプに分類されます。 ...

白菜の旬

白菜は20℃前後の冷涼な気候を好み、鍋などの需要が増える冬に収穫量がピークを迎え、十月から三月にかけてが一番おいしい時期になります。 とくに霜に当たった白菜は、霜降り白菜ともいわれ、寒さから身を守るた ...

白菜の産地

日本での白菜の生産量は、大根、キャベツに次いで3番目です。 かつては白菜の漬物を中心に大量に使われてきましたが、食生活の変化から漬物の需要が減り、生産量は減少傾向にあります。 ただし、芯の黄色が強く甘 ...

白菜の栄養・効能

[おもな成分] ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維など。 [おもな効能] ・風邪の予防 ・免疫力アップ ・高血圧予防 ・整腸 ・ダイエット ・美肌作り 白菜は95%が水分で ...

おいしい白菜の選び方

白菜は、外葉が青々としていて、葉先がきれいに巻き込み、お尻が大きくずっしり重いものを選びます。 カットされたものは、切り口が新鮮でみずみずしく、断面が盛り上がっていないものを選びます。 [重さ] 白菜 ...

まずい白菜の原因

白菜は、適期に適した地域で無理なく育てれば、おいしいものが作れます。 しかし、栽培が適期から外れたり、肥料が多すぎたりすると、まずいものができてしまうことがあります。 味や食感がよくない 白菜の頭を押 ...

白菜の部分で使い分けよう

白菜は外側の葉、内側の葉、芯の部分によってそれぞれ特徴があります。料理に合わせて部分を使い分けましょう。 [外側の葉] 少し硬いので、炒めものや煮びたしなどでさっと火を通す料理に適しています。 [内側 ...

白菜の下ごしらえ

白菜は葉と芯の部分で厚みが違うので、それぞれにあった切り方をします。 葉をはがすには 大型の白菜を丸ごと購入した場合は、切ってしまうと酸化が進んで鮮度が落ちるので、葉を1枚ずつはがして利用します。 分 ...

白菜のおいしい食べ方

白菜は味にクセがなく、葉はやわらかいので、和・洋・中のどの料理にも幅広く使用されています とくに冬の鍋に欠かせない食材で、加熱するとかさが減って多く食べることができます。 ほかにも、浅漬けやキムチなど ...

白菜の危険な食べ方

白菜の大部分は水分ですが、ビタミンCが多く、風邪の予防、ストレスの軽減、免疫力アップ、疲労回復に効果的です。 一方、食べ方や食べる量を誤ると、体に悪影響になってしまうこともあります。 白菜の危険な食べ ...

白菜の大量消費レシピ

白菜をたくさん食べたいときにおすすめのレシピをご紹介します。 白菜のミルフィーユ鍋 豚肉としょうがと白菜だけを使った鍋です。 白菜と豚バラ肉を交互に挟んで、しょうがを散らします。 それを繰り返していっ ...

白菜の上手な保存方法

丸のままなら冷暗所で、切ったものは冷蔵庫で保存しましょう。 常温で保存 丸ごと保存する場合は、水気を拭いて新聞紙で包み、涼しい場所に立てて保存します。 丸ごとなら、冬は3~4週間ほど日もちします。 冷 ...

白菜の雑学

白菜に関する雑学、話のネタになるかもしれない白菜に関するさまざまなトリビア(豆知識、雑学)をご紹介します。 白菜の黒点 白菜の白い部分にできるゴマをふったような黒点は、ゴマ症と呼ばれる生理障害で、細胞 ...

菜園で白菜を作ろう

白菜は、クセのない優しい味で、どんな食材とも相性がよく、とくに鍋には欠かせない冬の野菜です。 気温が下がって霜に当たった白菜は、寒さから身を守るためにデンプンがショ糖に変わるため、甘みが強く、そのおい ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.