知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

菜園でルバーブを作ろう

投稿日:

ルバーブ

ルバーブは、シベリア南部が原産地で、フキに似た太い葉柄を食用にします。

日本ではあまりなじみのない食材ですが、砂糖との相性がよく、ジャムや砂糖漬けにするとさわやかなおいしさで、人気急上昇中です。

多年生の野菜で、一度植えれば毎年収穫を楽しむことができます。

ヨーロッパでは雑草扱いされるほどに生育は旺盛で、病害虫はヨトウムシが食害する程度で、ほとんど発生しません。

家庭菜園で作ればたくさん収穫できるので、育ててたくさん食べましょう。

ルバーブ

大きく育つので、場所を選んで植えつけましょう。

畑に直まきして育てることもできますが、苗を作ってから畑に植えつけたほうが、管理が楽に行えます。

種をまいて1年目は株の充実に専念して、2年目から収穫できます。

[ルバーブの作り方]

3月中旬~4月下旬に種をまき、本葉3~4枚の苗を作ります。

苦土石灰と元肥を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

苗を植えてから3週間ほどしたら、1回目の追肥をします。

以降は、春の芽が出るころと、収穫を終える6月末に追肥をします。

1年目は株の充実に専念して、2年目から収穫できます。

苗を植え付けた翌年の5月上旬~6月末、背丈が25cm~30cmほどに育ったら、葉をつけ根を手でかき取って収穫します。

ルバーブの育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。
ルバーブの育て方とコツ|イチからわかる野菜の育て方

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.