知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

ルバーブのおいしい食べ方

投稿日:

ルバーブ

ルバーブは、強い酸味と独特の香りが特徴のタデ科の野菜です。

漢方薬として知られる大黄(だいおう)の仲間で、ビタミンCや食物繊維を多く含みます。

砂糖との相性がよく、ジャムや砂糖漬けにするとさわやかなおいしさで、人気急上昇中です。

ジャム

ルバーブジャム

シンプルですが、最もルバーブの香りと酸味を楽しめるのがジャムです。

ヨーグルトに加えたり、トーストやパンケーキに添えて食べるとおいしいです。

[作り方]
ルバーブの葉柄をざく切りにして砂糖(全体量の6割くらい)をまぶし、しばらく置いて水分が出てきたら火にかけ、煮詰まったらレモン汁を加えます。

砂糖漬け(シロップ)

砂糖とルバーブだけでつくるシロップです。

炭酸水で割って氷を浮かべて飲みます。

[作り方]
ルバーブの葉柄をざく切りにしてボールなどに入れ、砂糖(または氷砂糖)(ルバーブの半量)を混ぜ合わせて、1日間寝かせておきます。水分が出てきたら、水分を鍋に移して煮たて、ルバーブにかけます。これを2~3回繰り返し、一晩おきます。

ティー


Amazon:ルバーブティー 30包

乾燥させた葉柄を煎じたティーは、整腸作用があるといわれています。

ドリンク

ルバーブジャムと牛乳をミキサーにかけてドリンクにすると、気軽においしく飲むことができます。

ルバーブの保存方法

ルバーブがあまったら、ラップで密閉して冷蔵庫で保存します。

もしくは、ざく切りにして冷凍庫で保存します。

冷蔵で1週間、冷凍では1年ほど保存できます。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.