知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

ニンニクの旬

更新日:

ニンニク

ニンニクは、生育の早い暖地型と、生育の遅い寒地型に大きく分けられ、収穫の時期が少し異なります。

寒地型は、1個あたり6片前後と少なく1片が大きいのが特徴で、寒さに強くて生育は遅く、9月下旬に種球を植えつけ、6月下旬から7月中旬に収穫します。

暖地型は、1片は小めで1個あたり12片前後と多いのが特徴で、生育が早く、9月下旬から10月中旬に種球を植えつけ、5月中旬から6月中旬に収穫します。

どちらも収穫後、長く保存できるように1か月程乾燥させてから出荷されるため、国内で栽培されたニンニクは、寒地型は7月下旬頃から、暖地型は6月初旬ごろから出回ります。

しかし、乾燥によって長期保存が可能で、輸入ものも多く出回っているため、旬が分かりにくくなっています。

[ニンニクの芽の旬]

ニンニクの芽は、トウ立ちした花蕾を花が咲く前に切り落としたものです。

甘みのあるシャキシャキとした食感が特徴で、おもに炒めものに利用します。

店頭に年中並ぶものはほとんど中国から輸入されたもので、国産ものは希少です。

気温が上昇する5~6月頃に収穫され、直売所などに並びます。

[葉ニンニクの旬]

葉ニンニクは、ニンニクの若い葉です。

においはマイルドで、甘みがあり、ニラのように炒めもの、焼きもの、餃子の具など、いろいろな料理に利用できます。

11~12月、3~4月に収穫され、直売所などに並びます。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.