知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

ネギの特徴

投稿日:

ネギ

ネギはヒガンバナ科ネギ属の葉もの野菜で、中国西部またはシベリア原産といわれていますが、まだ野生種は発見されていません。

ヨーロッパには16世紀末に、アメリカには19世紀に伝わりましたが、あまり普及しませんでした。

中国では、山海経や礼記に「葱」の記録があることから紀元前から栽培されていることがわかっており、白い部分を食べる長ネギは中国北部で、葉を食べる葉ネギは中国南部で生まれました。

日本に伝えられたのは1000年以上も前の奈良時代で、日本書紀などの多くの文献に名が登場するほどの歴史をもち、もっとも古い野菜のひとつです。

昔は、においが強いという意味から「気(き)」(臭気という意味)と呼び、室町時代初期頃から使われていた女房言葉で「ひともじ」と呼びました。

のちに、白い部分を根と呼び(正確には葉鞘部)、根が白く長く伸びることから「根ギ」となり、「ねぎ(葱)」と呼ばれるようになります。

ネギは東洋の野菜とも呼ばれ、とくに日本で盛んに栽培され、関東では千住ネギに代表される長ネギ、関西では九条ネギに代表される葉ネギが主流となり、それぞれに特徴ある食文化を育んできました。

長ネギ、葉ネギともに周年出回りますが、とくに長ネギは寒さが深まった冬に風味と甘みが増しておいしくなります。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2018 All Rights Reserved.