知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

小松菜の特徴

投稿日:

小松菜

小松菜は、カブや野沢菜と同じアブラナ科に属する漬け菜の一種です。

原産は南ヨーロッパ地中海沿岸で、中国を経て渡ってきたカブが小松菜の祖先とされています。

江戸時代に下町の小松川(現在の東京都江戸川区)周辺でさかんに栽培されていたことから、この名前になりました。

関東の正月の雑煮に欠かせない野菜で、現在も東京都を中心に、おもに関東で栽培され、貴重な東京野菜となっています。

しかし、そのつくりやすさやおいしさ、栄養価の高さから全国でつくられるようになりました。

ハウス栽培もさかんで一年を通して流通していますが、冬が旬で、冬じゅうつくられるので「冬菜」とも呼ばれます。

寒い地方ではうぐいすが鳴きですころにとれるので「うぐいす菜」、冬や春以外には「はぐれ菜」、関西では「畑菜」と呼ばれるなど、各地独自の名前をもちます。

寒さに強く、霜にあたるとぐんと甘みが増し、葉は肉厚になっておいしくなります。

カロテン、ビタミンC、B群、E、カルシウム、鉄、リン、食物繊維などを豊富に含み、とくにカルシウムはホウレンソウの3倍以上も含まれています。

アクが少なく、下ゆの必要がないので、軽くゆでてすぐに食べれば栄養を逃さず効率よく摂取できます。

あえ物、炒め物、みそ汁の具、漬物など、さまざまな料理に使える緑黄色野菜の代表格です。

-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.