知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

小松菜の下ごしらえ

投稿日:

小松菜

小松菜はアクが少ないので、下ゆでせずに、切ったらすぐに炒めたり、煮たり、手軽に調理することができます。

ただし、根元の部分に土がたまりやすいので、茎を広げるようにして流水でよく洗ってから調理しましょう。

[水につけてから使おう]

根元を少し切って、水に数分つけておくと、元気のなかった葉もピンとしてきます。

ただし、長く水にさらしすぎると栄養が逃げてしまうので、5分以上はつけないようにしましょう。

[切り方]

小松菜は、炒めものやおひたしにするとき、シンプルにざく切りにすることがほとんどです。

小松菜の葉を数枚重ねて、端から大きめにザクザクと切りましょう。

[茹で方]

小松菜をさっと茹でると、色が鮮やかになります。

ただし、加熱しすぎると茶色っぽくなるので、変色を止めるために冷水で冷やします。

また、味つけに醤油を使うとすぐに色が変わってしまいます。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.