知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

小松菜のおいしい食べ方

投稿日:

小松菜

小松菜の独特の食感と色を楽しむには、強火で手早く炒めるとよいでしょう。

油やタンパク質との相性がよく、味にクセがないので、炒めもの、おひたし、みそ汁の具、漬物など、幅広い用途で利用できます。

アクが少なく、何にでも合わせられるので、料理がしやすいのも魅力です。

トウ立ちした株も、ナバナと同じように食べることができます。

[下ゆでが不要]

アクが少ないので下ゆでせず、生のまま調理することができます。

使う前には茎の根元をよく洗いましょう。

そのまま油で炒めたり、あえ物にしてもおいしいです。

[油で炒めて]

小松菜は油を使って調理すると、カロテンの吸収率を高めることができます。

ただし、火を入れすぎるとビタミンCが失われてしまうので、加熱のしすぎに注意しましょう。

[スムージー]

小松菜は味にクセがないので、スムージーにも最適です。

小松菜、りんご、りんご酢、はちみつ、豆乳をミキサーに入れてジューサーにかけます。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.