知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

白菜の特徴

更新日:

白菜

白菜はアブラナ科の野菜で、一般的に冷涼な気候を好む耐寒力の強い越年性1年草本です。

原産は中国北部で、東洋の代表的な野菜のひとつです。

日本での栽培は、日清・日露戦争に出兵した兵士が中国から日本に種を持ち帰ったことからはじまりました。

葉がかたく締まる結球種と、葉が開いた不結球種と、半結球種がありますが、ふつう白菜といったら結球種をさします。

最近では栽培の改良によってスーパーなどに年じゅう出回っていますが、本来の旬は冬で、秋から冬に出回るものが最もおいしいとされています。

とくに気温が下がって霜に当たった白菜は霜降り白菜ともいわれ、寒さから身を守るためにデンプンがショ糖に変わるため、甘みが増し、そのおいしさは格別です。

クセのない優しい味でどんな食材とも相性がよいのが特徴で、加熱したときのとろけるようなおいしさは、冬の食卓に欠かせません。

精進料理では、とくに食べたい食材を養生三宝と呼び、大根、豆腐に並び白菜は冬の健康維持に欠かせない食材として、養生三宝のひとつに数えられています。

その約95%が水分で、栄養価はそれほど高くありませんが、ビタミンCと食物繊維、カリウムもたっぷり含んでいます。

近年人気を呼んでいるのがミニ白菜です。核家族化が進み、大きな白菜をまるごと使いきるのが難しい現状に合わせて、1kg程度の小型の白菜が開発され、おもに首都圏向けに生産されています。一度に使いきるのにちょうどいい大きさで、保存の心配も少ないため、人気が高まっています。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2018 All Rights Reserved.