知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

白菜の下ごしらえ

更新日:

白菜

白菜は葉と芯の部分で厚みが違うので、それぞれにあった切り方をします。

葉をはがすには

大型の白菜を丸ごと購入した場合は、切ってしまうと酸化が進んで鮮度が落ちるので、葉を1枚ずつはがして利用します。

分けるには

根元に縦一文字に10cmほど切れ込みを入れ、切れ込みに指を入れて葉先まで一気に裂きます。

手で裂くと、細かいくずをあまり出さずに分けることができます。

白菜の切り方

断面を大きくすればするほど、短時間で火が通り、味もしみこみやすいので、炒めものに向いています。

断面が小さいほど、煮崩れしにくいので、煮込む料理に向いています。

サラダなどには千切りにして利用します。

[そぎ切り]

葉と芯に切り分け、芯を包丁を寝かせて斜めに切ります。

[ざく切り]

葉と芯に切り分け、芯を3~5cmくらいの幅で切ります。

繊維にそうようにして、好みの幅で切ります。

繊維にそって切ることで、芯ならではのシャキッとした食感が楽しめます。

[細切り]

芯を3~5cmに切ってから、繊維にそって3~5mmの幅で切ります。

[千切り]

芯を3~5cmに切ってから、繊維に断つように1~2mmの幅で切ります。

繊維にそって千切りにすると、食べるときに繊維が残って食べにくいことがあります。

均一に火を通すには

火の通りを均一にするため、葉と芯を切り分けて加熱します。

まず、硬い芯の部分とやわらかい葉の部分に切り分けます。

先に芯を炒め、透き通ってきたら、葉を加えて炒めます。

スティックサラダ

白菜の葉を細く切り、マヨネーズやゴマだれなどをつけて食べるとおいしいです。

甘味が強く、においも少ないオレンジ白菜が向いています。

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2018 All Rights Reserved.