100円均一で始める、家庭菜園と100円で買えるグッズ達

スポンサーリンク

最近は、生活雑貨などを100均で買うことも増えてきました。

100均には何でも売っている、というイメージです。

では、家庭菜園やベランダ菜園などで使えるグッズや、苗などを手に入れることはできるのでしょうか。

今回は、100均で揃える家庭菜園グッズと題して、100均でスタートできる家庭菜園グッズを見ていきましょう。

種なども100円で買える!

野菜づくりには必須の種。

野菜の種なども100円で購入することができます。

しかも、2種類で100円など、激安なのが特徴です。

ネギ、アスパラガス、ダイコン、ほうせんか、シュンギク、ピーマン、ミニトマト、中玉トマトなどなど、いろいろな種がありますので、自由に選ぶと良いでしょう。

おすすめはナスとピーマンです。

春先から植えて、夏場に収穫できます。

芽かきなどの手間や、アブラムシなどを駆除しなくてはなりませんが、そうした手間をかけて育てる野菜は別格です。

にら、にんじん、オクラなど、何でも売ってますので、パッケージの裏を見て、「この野菜、育てたい!」と思ったら、育ててみると良いでしょう。

苗も売っている

ポット入りの苗も、100円で売っています。

うまくいけば、入荷したての元気な苗も購入することができます。

トマト、ピーマン、ナスなど、種から育てるよりは、苗を買ってきたほうが育てやすいでしょう。

キュウリ、カボチャ、とうもろこし、スイカ、などなど、種から育てても、非常に枯れやすく、失敗してしまうリスクがあります。

夏は一度しかこないので、失敗しないほうが良いのが家庭菜園です。

もちろん、失敗から学ぶこともありますが、季節が巡ってしまうので、できれば確実に発芽している苗から買ってくるのをおすすめします。

種から育てたほうが、売られているものよりも丈夫になることもあるのですが、それでも、プロの農家さんでもない限り、苗を買ってきたほうが無難でしょう。

ダイソーやセリアなどでは、100円でポットの苗を買うことができますので、買ってきて、植えてみると良いでしょう。

タラの芽、みょうが、アスパラガス、ふきのとうなどの山菜苗までダイソーなら売っています。

プランターも売っている

ベランダ菜園には欠かせない、プランターなども100円で売っています。

野菜に応じて、深め、浅め、広めなどを選んでいくといいでしょう。

ウラ側に水はけするための穴がしっかりあいているタイプを選んで下さい。

水はけが悪いと、根腐れしてしまう可能性があります。

根が張る野菜などは、深めのプランターを選ばなければなりませんが、あまり100円ではそれほど大きなプランターは売っていません。

たとえば、小玉スイカなどは、しっかりと根が張るので、大きくて深いプランターが必要です。

この場合は、100円では買うことができないため、ホームセンター等に行くことになります。

土や肥料なども、100円で買えるが、ホームセンターのほうがおすすめ

肥料なども100円均一で購入することができます。

ダイソーではリサイクル用の土、椰子の実の繊維のパーム用土、パーム用土は、水につけることで8倍にふくらみます。

苦土石灰なども、100円で売っています。

できれば、培養土がほしいところですが、ダイソーなどで売っている「野菜の土」はあまりおすすめできません。

粒が細かく、雨がふったり水やりしたりすると、ベトベトになってしまいます。

また、鼻を近づけるとほんのりにおいます。

あまりプランター栽培に適しているとは言えないので、できれば、培養土だけはホームセンターで買ったほうが良いでしょう。

ホームセンターなら、25リットル入で600円ぐらいで購入できますので、それほど高い買い物ではありません。

できれば、土は栄養分を吸収する大切な野菜の土台ですので、100円均一で買わずに、ホームセンターでほんのちょっぴりだけお金がかかる土を買ってきたほうが安全です。

決してダイソーを否定するわけではないのですが、100円でプランターそのものや支柱を買う分には問題ありませんが、土を買うのはおすすめできないのが正直なところです。

というわけで、土はホームセンターで探しましょう。

支柱、ガーデンピックなども

野菜を支えて、曲がってしまわないように矯正するための支柱も、100円で買うことができます。

100円でも品質にそれほど大差がないのが良いですね。

円形の支柱や、小玉スイカ用の温室を作るための支柱なども購入することができます。

そして、100円均一のセリアなどでは、ガーデンピックを購入し、プランターにさすだけで、可愛く仕上がります。

これはナスで、これはキュウリ、という風に、ガーデンピックで区別をつけましょう。

実がなるまでは、どれがどれの苗なのかがわからない場合がありますので、ガーデンピックで名札をつけてあげましょう。

園芸シート

土などを運ぶための園芸シートも、100円で買うことができます。

四隅をボタンでとめて、土がこぼれないように、他のグッズなどと一緒に下に敷いておくことができます。

直接野菜づくりに役立つわけではないのですが、あると便利なグッズで、100円なので買っておいて損はないでしょう。

園芸用雑貨

園芸用のハサミなども売っています。

収穫や手入れに使うことができます。

グリップが、手が痛くなりにくいタイプが売っているので、キッチンバサミなどと一緒に使っていくと良いでしょう。

セリアでは、ガーデニンググローブなども売っています。

手のひらにすべりどめがついていますので、いろいろなモノをつかむことができます。

見た目も可愛く、テンションがあがりますね。

ミニサイズのガーデニングツールも、セリアでは売っています。

ハチにちょうどよいサイズで、使いやすいのです。

こちらもあわせて100円で買ってみると良いでしょう。

園芸用のスコップなども100円で売っていますので、ぜひ購入してみて下さい。

防鳥網、園芸ネット

200円するケースもありますが、園芸ネットなども100均一で買うことができます。

鳥の侵入を防ぎ、園芸ネット沿いにさやえんどうなどを育てることもできますよ。

園芸ネットなども、100円で探せばあるので、見てみましょう。

いろいろ探してみよう!

最近の100円均一には本当にいろいろ売っていて、驚いてしまいますよね。

基本的に、スコップやプランターなどの無機物は、100円で購入して問題ないと言えるでしょう。

種なども、100円で品質に特に問題はないようです。

ですが、問題は、土です。

培養土は100円では買わないほうが良いかもしれません。

育てられないことはないのですが・・・。

また、ダイソーの100円の薄めず使える除草剤は、発がん性があるので使ってはいけません。

グリホサートが非常に危険なのです。

100円で手に入る除草剤なのですが、政府の規制がまだまだ入っていないので、自分の身は自分で守る必要があります。

ほどほどに、100円均一と便利に付き合っていきましょう。

培養土と除草剤は、買わないようにして、その他のグッズを100円で揃えていくと、効率よく、経済的にベランダ菜園を楽しむことができるようになるでしょう。

いろいろ売っているので、まずはショップにでかけてみましょう!見ているだけで楽しいですよ。

(文/渡邉ハム太郎)

スポンサーリンク