家庭菜園の身支度を整えよう

スポンサーリンク

家庭菜園で野菜を作るとき、どんなファッションで作業しますか?

農作業のスタイルですから、普段着はのぞましくありません。

土と格闘し、汗をかき、太陽の下で作業するのですから、それにふさわしいファッションが必要です。

泥だらけになることもありますので、作業着にはそれなりに配慮が必要です。

古くなりもう着なくなった服を農作業用に使ってもいいのですが、できれば、軽装が良いですね。

動きやすい軽装で、洗濯がしやすい洗いやすい素材で、汚れがすぐに落ちる素材を使っているものが良いでしょう。

農作業は、上手に行えばそれほど重労働ではありません。

そのため、服装にはこだわりを持つことができます。

最近では農業女子なども登場し、ファッション性の高い農作業着などが販売されています。

ではでは、どんな農作業着が必要なのでしょうか。上から下まで、見ていきましょう!

帽子は日差しから頭を守る

帽子は、強い日差しや紫外線から頭部を守るために着用します。

できれば、つばが大きくて日差しを遮ってくれるものがよいでしょう。

農園帽などがあります。

また、防虫ネット付きの農園帽などもあります。

ハットやキャップなども販売されていますので、おしゃれな製品を見つけると良いでしょう。

できれば、農業女子としては、UVカット機能つきの加工された帽子が良いですね。

また、蚊などがよってくるため、防蚊加工のほどこされた農園帽なども良いでしょう。

いずれにせよ、夏は涼しいメッシュ、冬は温かい綿の素材などを使った帽子が数多く販売されています。

「アグリウェア ファッション 帽子」などで検索して、機能性とデザイン性が両立した帽子を探すことができれば理想です。

値段は少々高いかもしれませんが、ファッション性の高い帽子をかぶることができれば、テンションも上がります。

短い時間しかオモテにいないかもしれませんが、帽子は欠かせないアイテムとなります。

また、一番目立つ部分でもありますので、こだわりを持って帽子を選んでみると楽しいのではないでしょうか。

服装は長袖シャツに長ズボンで

夏場は半袖半ズボンで作業したい!と思われるかもしれませんが、できれば長袖長ズボンで作業しましょう。

怪我などを防ぐことができます。

また、紫外線や太陽の光が当たって日焼けすることも防ぐことができます。

虫刺されも予防することができるので、屋外の作業である農作業・野菜づくりには、長袖長ズボンが欠かせないのです。

できれば汗を吸い込んでくれる綿の素材がベストで、吸水性が高いものにしましょう。

動きやすい格好がベストです。

つなぎなどを着ることで、トイレなどの着脱は多少不便になるかもしれませんが、利便性・機能性は格段にアップします。

こちらも、農業女子向けのファッションサイトなどが数多く構築されていますので、農作業着、ファッションなどのキーワードで検索して、柄やデザイン、機能性、レビューや評価などをチェックしてみると良いでしょう。

最近はカラフルなものも多く、みているだけでテンションが上がります。

とくに女性の場合は、ファッション性の高い作業着を着ているだけで、ウキウキしてくるのではないでしょうか。

サロペットという作業着を知っていますか?腰の部分でセパレートになっているのではなく、ズボンが肩のところまでひっかかっているタイプの作業着です。

これは、何のためにこんな着脱しづらい、トイレに行きづらい形になっているのかというと、それは足の動きを楽にするためのものです。

肩の部分で支えているため、動いた拍子に背中やお腹がでてしまうことがなく、また、腰回りにまとわりつかないため、大変動きやすいのです。

つなぎなども同様の役目を持っています。

いずれにせよ、動きやすくて、ファッション性も高いものが数多く売られていますので、ぜひお気に入りの一着を見つけて下さい。

作業用グローブ、手袋

手袋や作業用のグローブなども必須です。

素手で作業していると、爪に土が入ってしまって、衛生的ではありません。

園芸用のグローブがありますので、そちらをつかえばすべりにくく、丈夫です。

ゴム手袋だけでなく、軍手や、カバー付きの手袋などがあります。

カバー付きの手袋は、日焼けを防いでくれるだけでなく、裾から土が入ってこないようにカバーしてくれる役目があります。

こちらも、いまはカラフルでおしゃれなものが数多く取り揃えられていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

また、軍手なども必要となります。

できたての野菜を丁寧に、優しく持ってあげるためには、出来る限り優しい肌触りの軍手が欠かせないのです。

防水加工をしている作業用グローブがベストで、土や水が侵入しにくいタイプの防水・某泥グローブが良いでしょう。

長靴、農作業用ブーツ

家庭菜園は、土で汚れるため、靴は通常の運動靴ではやらないほうが良いでしょう。

こちらも専用の農作業用ブーツが売られていますので、そちらを利用して下さい。

土がぬかるんでいても、安全に作業することができます。

また、土の中にいる虫などに刺されても、安心です。

それに、虫に刺されることを予防してくれる役目もあります。

長年、農作業用ブーツは黒や茶色、紺色などの地味なものばかりが販売されていましたが、最近では赤やオレンジ、ピンクなどのカラフルなものが販売されています。

また、水玉やストライプなどのおしゃれなデザインのものも、数多く開発され、農業女子のテンションを上げてくれています。

おしゃれであっても、機能性、頑丈さなどは十分で、安心して作業することができます。

スニーカーなども、運動靴ではなく土の上を歩くための専用のスニーカーが販売されています。

そして、女子だけでなく、男子のメンズ長靴も、カッコイイものが販売されていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

軽量なものも販売されており、動きやすくて軽いブーツが開発されています。

タオルも必須!

農作業スタイルとして欠かせないのがタオルです。

首からぶら下げて、虫刺されなども予防できますし、首周りにかけていれば日焼けも予防できます。

とくに夏場は、炎天下での作業になるため、汗を大量にかくと思います。

それを農作業ウェアで汗をふくのではなく、タオルでふきましょう。

日焼けや虫刺されの予防にもなり、最適です。

マスクやベルトなどの小物

最近では、ホコリや泥などを吸い込まないためのマスクなども販売されています。

マスクもファッション性が高く、顔を覆い隠している割に、おしゃれなものも売られています。

小物としてベルトなどもさりげないおしゃれを演出することができますので、こだわり抜いた品物を選びましょう。

ファッション性の高い農作業着で楽しく家庭菜園

家庭菜園の野菜づくりにおける、上から下までのファッションを見てきました。

いまは、おしゃれなものが数多く販売されています。

農業女子だけでなく、農業男子も思い切っておしゃれしてみてはいかがでしょうか。

おしゃれな農作業着は、インターネットなどで購入することができます。

いろいろな商品が売っていますので、ぜひインターネットで検索してみて下さい。

帽子、カバー、つなぎ、長靴、シャツ、ズボン、マスク、手袋、雨具、作業服、サポーター、小物など、今はおしゃれなものが数多く売られているので、ぜひお気に入りのファッションで家庭菜園を楽しんで下さい。

(文/渡邉ハム太郎)

スポンサーリンク