野菜ジュースで週末ファスティング(プチ断食)にチャレンジしよう

スポンサーリンク

野菜ジュースを使って、週末のプチ断食にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

プチ断食とは、食事のかわりにジュースだけを摂取して、栄養を補給しながら、摂取カロリーを減らしていくものです。

週末の2日間で行うことによって、大幅なカロリーカットになります。

野菜ジュースは、市販のものはショ糖などが含まれていますが、自分で作れば、添加物等は一切含まれません。

酵素も摂取することができて、体に非常に良いのです。

だいたい、週末のファスティング(プチ断食)で、2キロ程度、体重を落とすことができます。

ファスティングは、いきなりやってはいけません。

徐々に体を食事のない状態に慣らしていって、本格的にプチ断食を行う必要がありますので、土日にファスティングを行うのであれば、前日の金曜日あたりから、食事は控えめにして、消化に良い食べ物を食べるようにして下さい。

また、復食といって、ファスティング後の食事も非常に大切です。

ファスティング後は、2日ほどお粥などを食べて、胃腸に優しくしましょう。

そうすることで、合計5日間ほど軽い食事であとは野菜ジュースを飲んで過ごすことになりますので、大幅にカロリーカットになります。

野菜ジュースは、ミキサーで作ってOK

野菜ジュースの作り方ですが、まずは人参や果物などを皮を向いて下ごしらえを行います。皮ごと使用する場合は、よく洗いましょう。

ミキサーに入れやすいように一口大のサイズに切ります。最初は、固いものからミキサーにかけていきます。

徐々に牛乳や豆乳、水などを加えて、柔らかくしてジュース状に撹拌していきます。

旬の野菜を取り入れて、季節感をアップさせましょう。

果物を使う際は、完熟しているものを使いましょう。

とくにオススメなのは、人参とりんごです。

どのような野菜にもマッチして、マイルドな味わいになります。

また、セラミック包丁を使って野菜をカットすると、においが移ったり変色したりしなくなります。

豆乳を加えて、抗酸化作用のある野菜ジュースを作りましょう。

また、緑黄色野菜を使うときは、量に注意しましょう。

あまり緑黄色野菜を使いすぎると、胃腸に負担がかかりすぎます。

食物繊維ばかりを摂らないように、緑黄色野菜のボリュームは1/4程度におさえておきましょう。

野菜ジュースダイエットは、成功の確率が高いダイエット

野菜ジュースによるプチ断食でのダイエットは、成功しやすいダイエットです。

野菜をまるごとミキサーにかけるため、腹持ちがいいのです。

完全なるカロリーカットにはなりませんので、断食のように苦しくなく、あくまでプチなのに、本格的なダイエットの効果が得られます。

牛乳などを使っても、野菜ジュースのカロリーは非常に低いため、大きな効果を得ることができます。

また、新鮮な酵素を摂り入れることができますので、消化に良いのです。

消化酵素や代謝酵素などを、補うことが可能です。

それらの酵素のパワーもあって、ダイエットに成功する可能性が高くなります。

普通の水によるプチ断食や、酵素ドリンクなどによるダイエットは効果があまり見込めませんが、野菜ジュースによるダイエットなら、成功率が高くなると考えられます。

甘味が欲しい場合は、牛乳や豆乳などを使ってみてもいいですし、パルスイートなどの人工甘味料を使ってもいいですが、せっかく野菜ジュースでデトックスするのですから、野菜などが新鮮な分、甘味料などを使わず、砂糖も不使用で、天然の甘味でじっくりと味わいたいものですね。

買ってきた野菜ジュースでも構いませんが、野菜ジュースを手作りすれば、より体に良いダイエットが可能となります。

(文/渡邉ハム太郎)

スポンサーリンク