初心者がベランダで作りやすい野菜は?

スポンサーリンク

家庭菜園に関心があるけれど、土地を借りて畑をやるまではちょっと・・・

でも家庭菜園で新鮮な野菜を食べてみたい。そんな人にオススメの野菜はあるのでしょうか。

ベランダや台所で、簡単に育てやすくて、手軽に食べられる野菜をご紹介します。

いちごは品種もたくさんある

いちごは手間がかかりません。初心者でも簡単に育てることができて、品種も多くあるので自分にあった苗を探すことができます。

プランター栽培が最適で、植え付けてからは水やりだけでいいのも魅力。

春先は害虫がつきやすいので注意しましょう。

収穫しても、子株が増えていくので次の年も収穫が可能なのが嬉しいです。

初心者向けなのに美味しくて甘くておすすめの果物です。

バジルはとても育てやすい

ジェノベーゼが好きだけど、バジルを買うのは抵抗があるという人は、家庭菜園でバジルを育ててみましょう。

バジルはとても育てやすい野菜で、春先に種をまいて陽の光にあてて、水をたっぷり与えれば、簡単に育ってくれます。

バジルは育てやすく、ハーブ類というものは生命力が強いので、家庭菜園を始めたばかりのビギナーには欠かせないものです。

いろいろな料理に使うことができるので、ぜひハーブ類を育てて見て下さい。

トウガラシを買う必要はもうない

トウガラシは苗から育てると良いでしょう。

種から育てる場合は、春に種をまいて夏の暑い季節に収穫します。

風通しのいい場所で乾燥させることで長期保存が可能となります。

ちゃんと作れば、トウガラシを買う必要がなくなります。

粉トウガラシにもすることができて、料理のレパートリーが広がります。

ししとうも次々実をつけてくれる

ししとうも初心者にはもってこいの野菜です。

トウガラシと同様、種から作ると難易度があがるので、苗から植えるのがいいでしょう。

病気や害虫にも強く、夏の暑さにも負けない野菜なので、初心者に向いています。

収穫のシーズンには次々実をつけてくれるので、タイミングを逃さないようにしてたくさん楽しみましょう。

収穫の時期を逃すと、苗が栄養不足で枯れてしまうので注意が必要です。

小松菜も初心者向けの野菜

小松菜は、東京より南の温かい地域であれば、1年中収穫が可能な葉野菜です。

種を巻いてから2ヶ月程度、温かいシーズンなら1ヶ月程度で収穫することができ、一年中美味しい小松菜を食べることができます。

氷点下になっても枯れないので、初心者の方におすすめです。

間引きつつ育てるのは、ほうれん草と同じです。

夏野菜のきゅうりは、取れ高がたくさん!

夏野菜のきゅうりは、1株から40本も収穫できるので、大変オトクな野菜だといえるでしょう。

ただし、収穫の時期を放置しておくと、育ちすぎて大きくなりすぎ、味も大味になってしまって落ちてしまうので収穫時期は逃さないようにしましょう。

ツルの伸びも早いため、風通しの良いように調整してあげることも大事です。

ナスならベランダで育てられる!

ナスもベランダで育てることができます。

苗を選ぶのにもコツがあって、葉が大きく、色が濃くて茎がふとくてしっかりしたものを選びましょう。

プランターでのベランダ栽培でも美味しく育てることができます。

種から育てるのはとても難しいので、苗から買ってきて育てましょう。

トマトはベランダ菜園の代表格

トマトもとても簡単に育てられる野菜です。

「トマトが赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高いので、家庭で簡単につくるのに向いています。

市販のトマトは、青い状態で出荷されますが、家庭菜園で作れば、完熟まで陽の光をいっぱい浴びたものを作ることができて、家庭で美味しいトマトを味わうことができます。

(文/渡邉ハム太郎)

スポンサーリンク