野菜を食べてダイエット!?「あすけん」「カロリーママ」なら野菜で痩せられる

スポンサーリンク

「痩せたい」

誰しもそう思うこと、あると思います。

中にはダイエットなんてしたことないという人もいますが、大勢の人はカロリーコントロールに悩みます。

そこで、今やアプリでの健康管理がおすすめです。

最近のアプリは栄養士さんが管理していて、食品名を入力するだけで、1日に必要な栄養素が取れているかどうかが自動でわかるようになっています。

さらには、コンビニの商品名を入れるだけでも、栄養バランスがわかるようになっていて、現代人の食生活に非常に合致しているのです。

そんなすごいアプリを知りたいですか?それは「あすけん」と「カロリーママ」です。

あすけんはもともと、PCサイトで有名なサービスでしたが、アプリにも進出。

アプリも非常に操作性がよく、ゲーム感覚で栄養バランスを整えられるとして人気です。

そしてカロリーママは、ローソン提供。

あすけんは無料でも使えますがプレミアムだと300円+税。

カロリーママはなんと完全無料です。

ただし、ローソンの宣伝が入るので、ローソンにいきたくなってしまいます。

カロリーコントロールアプリで、摂取カロリーをコントロールしましょう!

あすけんを使って痩せる!

カロリーコントロールアプリの良い点は、管理栄養士さんが監修しているので、たんにカロリーをカットして、全体の体重を減らした結果、体がボロボロになってただ体重という名の数字が減ったという結末になりづらいということです。

もちろんある程度のセルフ・コントロールと、健康面への自主的な配慮は必要ではあるものの、管理栄養士さんがチェックしているアプリなら、足りない栄養素を補うよう指導が入るので、健康面に関心を配りながら、トータルでヘルシーになることができます。

たとえば、ちょっと使ってみたところ、朝ごはんに、パンとサラダと目玉焼きそしてウィンナーを登録してみたら、「ちょっと食べ過ぎちゃいましたか?」と聞かれました。

たしかに食べすぎてしまったので納得です。

さらに、お昼ご飯にお蕎麦を食べたとき。

あすけんには「亜鉛が足りてないようですね。

晩御飯はしじみのお味噌汁なんていかがですか?」とレコメンドされたのです。

これは単純に、料理のレパートリーを増やすこともできるので、非常におすすめのライフハックですね。

生活に取り込み、日常の一環として、あすけんを使ってみるのがいいのではないでしょうか。

ご飯を作って、食べて、そして休憩しているときに食べたものをあすけんに入力し、次の食事に対してのアドバイスを得ます。

亜鉛が足りないなど、とにかくバランスを指摘されますので、それをカバーしていきましょう。

野菜はやっぱりだいじ!

あまり栄養の知識がない方でも、あすけんとカロリーママを使えば、まず栄養バランスを気にするようになるので、過剰なダイエットや病的なダイエット、体を壊す危険なダイエットを予防することができます。

さらには、栄養学的な知識も若干はつきますし、何より、スコアがありますので、ゲーム感覚で健康スコアを高めていくことができるのです。

そうすれば、野菜が大切であることがわかります。

野菜を少し食べただけで、スコアはぐっとあがります。

日常生活にほんの少しでもいいのです。

ミニトマトを食べるだけ、ほうれん草を電子レンジでチンして醤油を垂らすだけ。

たったそれだけでも、あすけんやカロリーママでは高得点を取ることができます。

ちまたでは、野菜を手のひらいっぱいに食べましょうといわれていますよね。

しかし、そんなに両手のひらいっぱいに野菜を工面すること自体が大変です。

野菜の種類も30種類以上食べるなんて、買い物行くだけで一苦労です。

しかし、ハードルがとても高いと感じられがちなこの野菜との付き合い方。

あすけんとカロリーママなら、ちょっとだけでも褒めてくれるのです。

スコアがぐんと改善するので、プチトマトやほうれん草だけでも、食べてみてくださいね!

野菜がどれだけ体によく、自分自身を健康にしてくれるのか、あすけんとカロリーママなら、スコアという形でみることができます。

ビジネスでいうところの「見える化」で、数字になっているからこそ、客観視できるのです。

野菜をたくさん食べようと言葉でいわれても、なかなか、という感じですが、スコアならゲーム感覚で満点を目指すことができるのです。

野菜を食べてサクッと満点!

このあすけんとカロリーママ。

たとえば肉まんたんのピザを食べて野菜を食べず、運動もせず、ゴロゴロしているだけだと、とてつもない低スコアがでて、アプリの中のキャラクターが哀しみます。

それだけで、ちょっと反省した気分になるのは、私だけでしょうか。

このアプリで満点を取ろうと思ったら、野菜は絶対に欠かせません。

ほうれん草、人参、キャベツ、きゅうり、トマト、などなど。

身近に美味しい野菜がたくさんありますので、都会の方でも、野菜を楽しむことができます。

満点をとったからといってなにかあるわけではありませんが、自分の中で徐々にスコアを上げていって、ゲームをクリアすると、自然と生活の質が高まっているということです。

都会で野菜を食べる方法

しかし、野菜といってもなかなか野菜を手軽に取ることができませんよね。

そこで、野菜をお手軽に取る方法を考えてみましょう!

1. カット野菜

まずはカット野菜の存在。

キャベツパックは100円で売っていますし、買ってきてバリバリ食べるだけ!最近はレタスミックスもあるので、ドレッシングも買って、日常で手軽に野菜を取りましょう!

2. チンするだけの野菜

シリコンスチーマーを買いましょう。

そして、野菜を載せて、電子レンジでチンするだけ。

これで、たっぷり野菜が取れます。

おすすめはほうれん草。

チンすると容積が小さくなって、お湯でゆがくのと違って栄養素が流れ出ないという特徴があります。

3. 洗うだけの野菜

トマトは洗うだけでOK。

一時期、インターネットで「トマトには49回、農薬が散布されている!ベジシャワーで洗ったらOK」という投稿が出回り、批判を受けていましたが、トマトにはそんなに多くの農薬が入っていませんのでご安心ください。

そもそも49回も農薬をかけていたら、コストがかかって仕方ありません。

4. 肉や魚と一緒に蒸す

そして、もっともお手軽に、主菜と副菜を同時に作れておすすめなのが、鍋に野菜を敷き、その上に肉や魚の切り身を乗せて、レンジでチンしたり、鍋で蒸したりするというお手軽料理です。

これなら、味や火加減をみなくてもいいですし、水も不要です。

上から塩をふれば、野菜の水分がでてきますので、浄水器のない一人暮らしの方でも、手軽に料理ができてしまいます。

ちょっとだけ工夫しよう

野菜を食べるのには、ほんとうにちょっとだけ心がけるのが良いと思います。

カット野菜やレンジを駆使しながら、日常に野菜を取り入れ、あすけんやカロリーママでパワーアップ。

そうすれば、健康になるだけでなく、ダイエットにもなりますし、気がつけば生活習慣がぐっと改善することでしょう。

そのはじめの第一歩に、アプリは非常におすすめです。

生活習慣が乱れて太り気味なのでしたら、ぜひとも管理栄養士さん監修のちゃんとしたアプリを使ってみてください。

なにより、NHKの『今日の料理ビギナーズ』を見るなどして、アイデアをどんどん出してかるーい料理をしてみましょう!

(文/渡邉ハム太郎)

スポンサーリンク