家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

野菜栽培レポ

野沢菜の栽培レポ(固定種)

更新日:

ろくに調べずに、野沢菜の栽培を始めて、ろくに管理もしないで栽培して、それなのに収穫できて、おいしい野沢菜漬けも作れました。

収穫した野沢菜

野沢菜の種を注文

野沢菜は、ツケナ(漬菜)の一品種で、漬物用の野菜です。野沢菜を栽培しようと決めて、ならば、どの品種にしようか?どんな品種があるのか?と調べましたが、鷹の爪やシシトウがトウガラシの一品種であるように、野沢菜もツケナの一品種であることを知りました。

固定種の野沢菜の種を注文しました。


楽天:野沢菜 固定種

調べずに、苗作りを開始してしまった(2014年9月18日)

大株とするために、水菜、春菊の苗を作って、畑で点で育てます。調べずに、野沢菜も同じように苗作りを開始ししました。

トレーに野沢菜の種をまく(苗作り)

トレーに野沢菜の種をまいてから、ようやく、ネットで野沢菜の育て方を調べてみると、苗から育てる野沢菜の解説はなく、どの解説でも畝に直まきしてます。

苗が作れるのか、苗から栽培できるのか、不安ですので、直まきもすることにしました。

畑に「すじまき」(直まき)(10月4日)

実は、苗作りを開始して、すぐに直まきと気がついたわけではなく、半月ほどが経ぎてから知りました。種まき適期から少し遅れましたが、苗作りと並行して、畑に直まきをして栽培します。

畑に直まき

黒マルチを、すじまき用に加工して、野沢菜の種をまきました。栽培する広さは一畳くらいです。種まき後に、すぐに防虫ネットをしています。

野沢菜の発芽を確認(間引き)(10月11日)

野沢菜が発芽

野沢菜の発芽を確認しました。アブラナ科らしい双葉です。横では同じアブラナ科の小松菜を栽培していますが、見分けがつきません。

混み合っているところを間引き

混み合っているところを、間引いておきました。

生育中の野沢菜の様子(11月3日)

生育中の野沢菜の様子

種まき後にすぐに防虫ネットをしたので、害虫による被害がまったくありません。元気にすくすく育っています。

野沢菜を間引き収穫(11月10日)

生育中の野沢菜

かなり混み合ってきましたので、間引き収穫することにしました。

間引き収穫した野沢菜

間引きでも1.1kありましたので、野沢菜漬けを作りました。

漬けた野沢菜の、まとめ記事はこちら。

野沢菜漬け(レポ)

直まきした野沢菜をすべて収穫(11月15日)

間引き収穫しましたが、野沢菜の生育は早く、また混み合ってきました。

すべて収穫

防虫ネットのトンネルの天井に届いてしまっていますので、すべてを収穫しました。

うちには、先に漬けた野沢菜があって、これ以上漬けても食べきれないことから、実家に収穫した野沢菜を渡したところ、「野沢菜は売ってないから」と、喜んでくれました。

苗作りした野沢菜のその後

畑に植えつけた野沢菜の苗

10月21日、野沢菜が苗になりましたので、畑に植え付けました。

すじまきよりも生育がかなり遅く、11月25日現在で、ようやく収穫できるかな、ってところです。

苗からでも育てられることが分かりましたが、直まきよりも生育がかなり遅いようです。

広告

広告

-野菜栽培レポ
-,

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.