家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

2018年 家庭菜園日記

いろいろな種類のピーマンを育てます!4品種!【随時更新】

更新日:

苗

今年は、大きいピーマン、苦みが少ないピーマン、ミニカラーピーマン、バナナピーマンを育てます。

[大きいピーマン]
ナント交配のとんがりパワーという品種で、長さ15~22cmにもなるジャンボピーマンです。食味はピーマンとパプリカの中間くらいだそうです。

[苦みが少ないピーマン]
タキイのピー太郎という品種で、普通のピーマンと比べて苦みやピーマン臭が少なく、ピーマンが苦手な子供でも食べられることからこどもピーマンとも呼ばれます。

[ミニカラーピーマン]
トキタのぷちピーという品種で、最近流行のカラフルなピーマンです。アップルレッド、マンゴーオレンジ、ハニーイエローの3色にしました。

[バナナピーマン]
バナナピーマンという品種で、長さ10~15cmのバナナ型で、色が黄緑→クリーム色→黄色→オレンジ→赤へと変化するそうです。

ピーマンの育て方はこちらにまとめてます。
ピーマンの育て方とコツ

畑の準備

種まきの2週間前に苦土石灰をまいておき、1週間前に化成肥料をまき、よく耕しました。

畝立て(2018年5月6日)

畝立て

畝を立てて白黒ダブルマルチを張りました。

今年も暑くなりそうなので、地温の上がりにくい白にしてみました。

とんがりパワー、ピー太郎、ぷちピーの苗の植えつけ(5月8日)

P5082903

左から、とんがりパワー(接木)×2、ピー太郎×2、ぷちピーの苗×3です。

どれも株間50cmで植えてます。

バナナピーマンの苗は注文中です。

現在栽培中ですので、随時更新していきます。

バナナピーマンの苗の植えつけ(5月18日)

バナナピーマンの苗

国華園さんのネット通販でバナナピーマンの苗(接木)を見つけ、さっそく注文したのですが、約1週間が過ぎてもうんともすんともなく、電話してみると、苗の生育が遅れてるとのことで、翌日に発送されて、ようやく届きました。

遅れるなら遅れるとメールでお知らせしてくれればいいのに・・・。

届いた苗はたしかにかなり小さいものでした。

昨日に届き、今日に畑に植えました。

これで予定していたピーマンの苗の植えつけは完了です。

バナナピーマンの苗を植えたところ

広告

広告

-2018年 家庭菜園日記

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.