家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

未分類

ミニゴボウの栽培レポ(大失敗)

投稿日:

苦手な野菜、うまく育てられない野菜はありますか?

タマネギが苦手で、調べまくって克服して、今はどちらかといえば得意です。

トウモロコシも苦手を克服しました。

キュウリは、ウリハムシの猛攻であれこれと工夫したのですが、どうしてもうまくいかなくて、ある日、家庭菜園だし、キュウリは地這いこそ家庭菜園に向いているのではないか?と思いつき、これが大当たりで、防虫ネットでトンネルすることでウリハムシ対策ができ、しかも、地這いだから暑さと乾燥に強くて夏もよく育ち、みずみずしくて美味しいとも評判です。

色々と克服して「イチからわかる野菜の育て方」に育て方や工夫した点をまとめてきました。

しかし、ここにきてゴボウに大苦戦してます。

どうしてもうまく育てられないです。

といっても、実はまだゴボウ2回しか育てたことがなくて、1回目、2回目と失敗します。

1回目は何年も前になりますが、ミニゴボウを育てて、軒並み枝根になりました。

2回目の今回も、収穫日数まで順調に育ち、いいのがたくさん収穫できるだろう、と思ったら、見事なほどに枝根になってしまってがっくりです。

ゴボウ

収穫したゴボウ

ここまで?ってほどに見事に枝根になってます。

なんででしょう?

品種はタキイのサラダむすめで、根長35~45cm程度の短根太ゴボウです。

調べまくったのですが、はっきりとした原因がわかりません。

1.堆肥や肥料が原因?

堆肥や肥料が生育初期の根にあたると枝根になります。

たしかに化成肥料と牛糞の完熟堆肥を入れましたが、ここまですべてが枝根になってしまうものでしょうか?

隅々まですき込んだとは思えないので、枝根にならなかったものがあるはずですよね。

堆肥や肥料が原因ってことはちょっと考えられないです。

2.土がかたかった?

深く耕さないと、かたい層に根があたると枝根になります。

たしかに、土の表面から30cmくらい下は土がかたいように思います。

でも、その30cmの深さのかたい層にあたったとして、ミニゴボウの根の30cmより先が枝根になっているのならわかるのですが、数センチのところから枝根になっているものが多数あります。

三又で耕してから畝を高めに立ててますので、数センチのところの土がカチカチにかたいとは考えられないです。

よって、土がかたくて枝根になってしまったとは考えられないです。

3.センチュウによる被害?

最初はセンチュウの被害にあってしまったか、と思いました。

生育初期にセンチュウに根の先端をやられると枝根になります。

家庭菜園では連作になりやすいので、どうしてもセンチュウが多くなりますよね。

センチュウにやられたのかな?

と思ったのですが、いや、センチュウの被害にあったときにできるコブがないんです。

センチュウにやられると根にコブができますが、それがないのです。

今お借りしている畑はセンチュウが少ないので、違うような気がしてきました。

じゃあ、原因は?

となるわけですが、あと一つ枝根になる原因があります。

4.生育初期に畑が乾燥した?

人参とかもそうですが、生育初期に乾燥しすぎると枝根になります。

今年は雨が少なく、たしかに種まきしてからずっと乾燥してたように思います。

水やりもせず、雨も全然降らなかったので、かなり乾燥していたはずです。

それに、黒マルチをしていて、生育初期に暑い日が何度かあったので、暑さと乾燥で枝根になったのかもしれないです。

でも、ぜんぶが枝根になるの?と疑問でもあります。

種まきは4月4日に行いました。

過去の天気を調べてみたところ、種まき前はひたすら晴れていて、種まきから5日目と7日目に雨が降っています。

それから22日間雨が降っていません。

そして、種まきから12日目から4日間最高気温が26度になっています。

4月なのに26度は気温が高すぎです。

枝根になってしまった原因がこれらの中にあるのでしょうか?

ネットで調べてみると、何人かの方が「どうしても枝根になってしまう」と書いていて、私のように軒並み枝根になっていました。

共通する原因って、、、今のところわからないです。

1~4のどれかなのか、複数の要因なのか、それとも別に要因があるのか。

次回こそは色々と試して克服したいと思います。

広告

広告

-未分類
-,

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.