家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

2017年 家庭菜園日記

ジャガイモの早植え栽培に挑戦!

投稿日:

ジャガイモは霜に弱く、早植えは禁物です。

でも、1月中旬に種芋を購入して、1月31日から浴光育芽をして、芽の育った種芋を2月17日に畑に植えました。

浴光育芽をしたので出芽(地上に芽が出る)が早まることもあって、このまま育てると、3月初旬から中旬には出芽して、確実に霜にやられます。

そこで、種芋を植えつけたあと、畝に不織布を被せてパオパオして、ビニールでトンネルです。

これで霜にやられることはなく、早植えによって栽培開始が早く、暑くなりだすまでの長い期間生育できるようになります。

ジャガイモは生育適温15~24℃で暑さにも弱く、25℃以上になると生理障害を起こす恐れがあり、30℃以上になると芋の生育が止まります。

また、霜に弱い作物ですから、遅霜の心配がなくなってから植えつけると、出芽してから暑くなるまでの生育期間が短いため、じゅうぶんに生育できないのです。

種芋を早く購入して、浴光育芽して出芽を早め、パオパオとビニールトンネルで霜から守り、生育期間が長くなることで、多収になるはずです。

ただし、これは初めてやる作型ですので、まだ実績がなく、本当にこれで霜にやられないのかと、心配でもあります。

種芋を購入:1月中旬
浴光育芽:1月31日から
種芋を植えつけ:2月17日
保温:パオパオとビニールトンネル

P2132014

1月31日から約2週間の間、浴光育芽をしたジャガイモの種芋です。4~5mmの丈夫な黒紫色の芽が出ました。

ジャガイモ植えるのに準備した畝

ジャガイモ植えるのに準備した畝です。1月中に寒起こしをして、元肥と苦土石灰を入れてよく耕し、穴なし黒マルチを張りました。

本来石灰の必要はありませんが、畑に長らく石灰を入れていなかったので、酸性に傾いているかもしれないと、苦土石灰を入れておきました。

ホーラーのH70P

ジャガイモの種芋の植えつけにホーラーのH70Pを用意して使いました。格段に早く植えつけられて便利です。

ホーラーのH70Pについてはサイトにて詳しく解説してます。
⇒ ジャガイモや里芋の植えつけにホーラーのH70Pが便利

パオパオしてビニールでトンネル

芽を霜から守るため、パオパオしてビニールでトンネルしました。保温にもなるので、生育が早まるはずです。

毎年芽が出たところで霜にやられて生育が遅れてましたので、今年こそは順調に育ててたくさん収穫したいです。

このほかに、あと1列ジャガイモを植える予定で、それは普通の栽培を行う予定です。

広告

広告

-2017年 家庭菜園日記

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.