タアサイの密栽培レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タアサイ
(過去に大きく育てたタアサイ)

タアサイは味にクセがなく、繊維質も少なく、好きな野菜のひとつです。

なんどか大きく育てたことがあり、緑の花が咲いたような姿は見事でした。

でも、株間は30cmも必要だし、栽培期間は長いしで、狭い菜園にはちょっとな~、と思ってました。

そこで、タアサイを密に栽培すれば、たくさん採れるのでは?と考えました。

種まき(10月2日)

種まき

防虫ネットでトンネルして害虫予防

去年に使って余ったタアサイの種を使用し、マルチを張ってすじまきしました。

害虫の予防に防虫ネットでトンネルしてます。

間引き収穫しながら徐々に株間を広げていきます。

間引き1回目(10月18日)

すじまきでも順調

問題なく発芽し、すじまきでも順調に育ってます。

込み合ってきたところを間引きました。

間引き2回目(10月25日)

1回目の間引きから一週間

1回目の間引きから一週間が過ぎました。

広がるスペースがないですが、順調に育っています。

また込み合ってきたので、間引きました。

間引き収穫(11月6日)

pb060931

立性で育ってます。

株間を間引き収穫しました。

間引き収穫したタアサイ

まだ小さ目です。

収穫(11月19日)

収穫時期を迎えた密栽培のタアサイ

収穫時期を迎えた密栽培のタアサイ

一番手前の列はすでに収穫しました。

株間を間引きしてきたので、株が少し広がってます。

やはり、思った通りで、密に栽培した方が、短期間で作れて、たくさん収穫できます。

密栽培のタアサイを食べて思うに

密に栽培したタアサイは、小松菜のようなすじがあり、小松菜のような味がします。

なんでだ?と思って農家さんに聞いてみると、「寒さにあたって美味しくなるんじゃないの?」とのことでした。

狭いスペースでたくさん採れるので家庭菜園に向いてますが、密に栽培すると出来上がりが小松菜のようになってしまいます。

密栽培では短期間で作れたため、霜に当たらず、まだ本来の美味しさになってないのかもしれないです。

密栽培したタアサイは、葉が縮れいるだけで、小松菜との違いがあまりわかりませんでした。

最近は密栽培のタアサイに似た「ちぢれ小松菜」なるものが出回ってますが、タアサイなんじゃないの?って思ってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。