「今年は害虫が多いな」と思うのは私だけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月、8月はあまり雨が降らず、8月後半からの連続した台風があり、大雨があり、そして、9月に入ってから連日の雨、曇りによる日照不足・・・。

今年の秋作は大変難しい状況となりました。

まず、白菜の苗が思うように育ちませんでした。

先行して早まきしておいたミニ白菜の苗が遅れてなんとか仕上がり、あとからまいた通常サイズの白菜は植えつけ適期までに仕上がりませんでした。

私が植えつけた白菜は元気に育ってますが、農家さんが「キャベツと白菜がとろけちまった」と言ってます。

そして、ホウレンソウもうまくいきません。

日照不足のせいか、葉の色がやたら薄いです。

それに、発芽した芽もなんだかおかしいです。

他の青梗菜、小松菜などの葉物は良く育ってますが、なぜかホウレンソウがうまく育ちません。

あと、やたらと虫が多いです。

ヨトウムシ

キャベツやブロッコリーにやたらとヨトウムシがいます。

イモムシ

防虫ネットに葉が触れているところでは、卵を産み付けられてイモムシがついてしまってます。

どちらもも毎年発生しますが、今年はやたらと害虫の発生が多いように思います。

ようやく晴れ間が見れるようになってきましたが、まだまだ野菜を育てるには難しい状況が続きそうだな、と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。