家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

2014年 家庭菜園日記

大きい種芋であれば間違いない?「里芋の栽培の失敗」から脱出できるか

更新日:

栽培が苦手な作物のひとつに「里芋」があります。

一昨年の6月25日の里芋です。

一昨年の里芋の様子

一昨年はここから一回りしか大きくなりませんでした。

一昨年の収穫前の里芋
(一昨年の里芋の収穫前の様子)

今年の里芋は今のところ順調

今年の7月3日の里芋です。

今年の里芋の様子

今年の里芋の様子

一昨年のとは日数が一週間ほど違いますが、一目で生育の違いが分かります。

大きい種芋を選んでみました

今までは、たくさん植え付けたかったため、小粒の種芋を選んで買ってました。

一昨年の里芋の種芋

そして、今年は数よりも大きい種芋を選んで買いました。

今年の里芋の種芋

これが今年の種芋です(写真では分かりずらいですが、一回り大きいです)。

里芋が良く育ってる理由が「種芋の大きさ」だけではないとは思いますが、種芋の大きさも関係しているのは間違いないようです。

初期の生育が悪くても巻き返しを図れるか?

一昨年は初期の生育が悪かったため、肥料を効かせてなんとか大きくしようと考えましたが、梅雨が明けてからの猛暑にやられ、巻き返しどころか、株が十分に育ちませんでした。

そのこともあって、「大きい種芋を植えて、生育初期に大事に育てて株を大きくしよう」と考えました。どうでしょう?

このまま順調に大きくなってくれるかな?

広告

広告

-2014年 家庭菜園日記

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.